皆さんへのお礼と、最近の個人的な感触

昨日、ジャズイズにてトリオのライブに来てくださった皆様。
どうもありがとうございました。

昨日は衛星デジタルラジオMUSIC BIRDの「Live Works」という番組で、
このジャズイズでのライブを放送するため、マイクを何本も立てて収録していたのですが、

演奏に集中していながらも、ふとした瞬間にマイクを意識したりして、
一瞬指がもつれたりしましたが(笑)、

全体的には良いムードで演奏できたように思えます。

これは演奏者側の本当に個人的な話なのですが、
最近はアドリブ中、何も弾かない瞬間を楽しめるようになってきた気がします。

弾きたい事が浮かばなきゃ、浮かぶまで待てばいいや、くらいの気持ちで弾くのです。
ただし、そんな気持ちで弾ける時は調子がいい時なのですが、

バンド全体がいい空気感や緊張感を持っていれば、
少しくらい間違えても関係ないし、

むしろ弾かない瞬間に盛り上がって行くものもあったりするものです。

これは、友達同士でもそうですが、
ずっと喋ってないと間が持たない空気感より、

黙ってる時間も問題なく過ごせる空気の心地よさ、ってありますよね。
(僕は人見知りなので、それは限られたケースですが、、 笑)

こないだのスタンダードライブのメンバーも、昨日のジャズイズのメンバーも
空気に違いこそあれ、我ながらよい人選だと思っています。
両方とも素敵な空気です。

「弾かない事のかっこよさ」で言えば、
真っ先に思いつくのがMiles Davisかと思いますが、
ピアノで言うと、Ahmad Jamal(アーマッドジャマル)
って人が素敵です。

お客さんに好きなピアニストを聞かれた時に、沢山いすぎて答えに困りますが
(メガネのせいで、Bill Evansの名を出すと「やっぱり」と言われてしまいますが、
コスプレをしてるわけではありません 笑)

ahmad jamalも本当に好きなピアニストです。
リスナーの間では人気が無いのか、お客さんの反応はイマイチな事が多い人なんですが、
miles davisも影響を受けたという話のピアニストですよ。

綿密なアレンジが成せる技でもありますが、
弾かない時は本当に弾かないのに、途切れないストーリーの不思議さ!
一つの極まった形です。

僕はこれからも、時には何も思い浮かばず、嘘八百弾いて、
脂汗をかいてしまう事もあるでしょうが、

いずれは、いつでも自然に佇んでいられたらいいな、と思います。
ほんの少しだけ、そんな手応えを感じられました。

めずらしく音楽のことを書いた日記でした。
それではごきげんよう。
Commented by ヨウコママ at 2013-03-13 22:46 x
9日のNo Birdにお邪魔した出来の悪い生徒ですw

私も好きなAhmad Jamalの話題なので
思わず初コメです。笑

マイルスの誘いを断ってシカゴに留まった人、でしたっけ?(好きという割にウロ覚え)
確かに、もっと評価されていいアーティストですよね。

私は特にPoincianaが好きです。
田窪さんのライブで、一瞬Poincianaっぽく感じたアレンジがあったような…気のせいかな?笑
田窪トリオでも是非聴いてみたいです♪
Commented by hirotakubow at 2013-03-14 12:35
>ヨウコママさん
お、ahmad jamal好きだったんですね。渋いですね。

poincianaっぽいというかモロですね(笑)。よくご存知ですね。
あのリズムを活かしたアレンジは、割とお馴染みで、色んなアーティストもやっちゃってるんですが(笑)

それだけシンプルで普遍的な美しさがあるんですね。
また遊びに来てください。
Commented by ☆けいこ☆ at 2013-03-14 14:52 x
ラジオの収録なんてそんなイベントだったなんてー!!!!
行きたかった・゜・(ノД`)・゜・

弾かない時の間ってなんか大事ですよね!
弾くか弾かないか、タイミングが大事ですが、この駆け引きがまたジャズの素敵なところですよねー(*´ω`*)
その駆け引きができる素敵なメンバーでもあるのですねー♪
Commented by hirotakubow at 2013-03-15 15:22
>☆けいこちゃん
ラジオ収録とはいえ、
専用のチューナーとアンテナを買わなきゃ聞けない番組だから、
マイクが立ってる事しか、普段とは違う部分は無いよ。

いいメンバーじゃないと発見できない事が多いですよ。
villageよろしくね。
Commented by Shino at 2013-03-16 03:49 x
"シンプルで普遍的な美しさ"かつてこの言葉を多用していましたが、最近使わなくなって…ハッとしました。余計なこと言わなくても良いんですよね。しかし、田窪さんが人見知り?そんな風に感じたことはないなぁ〜
今日のピアノ心底楽しみにしております‼ヴィレッジも‼
Commented by ミル at 2013-03-17 20:25 x
大変.お久しぶりです。 私は。最近、諦めていたJAZZピアノでしたが、やっとアドリブが、弾けるようになり、セッションdayに参加して、JAZZピアノの先生が、ほめてくださるようになりましたが、私は、アドリブを、必死弾きすぎが、気になっていて、、、とても久しぶりに田窪さんのブログを読んで、目から鱗です。とても良いアドバイスです。^^
Commented by tomomi at 2013-03-18 13:25 x
MUSIC BIRD、加入したら全国聴けるみたいですね!
間に合わないかなぁ((+_+))

ラジオといえば、NHKのセッション2010の放送はその時録音してて、今でもよく聴いています。
ライブももちろん大好きですが、ラジオから聴こえてくる田窪さんのピアノもとても素敵です。
Commented by hirotakubow at 2013-03-18 14:08
>Shinoさん
シンプルで普遍的、そうありたいですが
音楽や芸術には「革新」とか「実験」とかも、大きな要素だし
色んな取り組み方があっていいと思いますよ。
それに自分の中にのブームがちょっとくらい変わるのもアリだと思います。
人見知り、昔ほどではないですが、結構人見知りです。

>ミルさん
そうですか、アドリブの手応えがあってよかったですね。
1歩ずつでも自分の上達を感じられると楽しく続けられますよね。
リラックスして弾くのはピアノの演奏意外にも気持ちの問題とかもあって、とっても難しいですが、大事な事だと思います。
お互い頑張りましょう。

>tomomiさん
うーん、いつ放送するのか聞いときますね。

セッション2010、今でも聞いてくれてるのは嬉しいですが、
少し恥ずかしいですね。
荒い所がたくさんあるし、すごく緊張してたし(笑)。
でも、あれはあれでいい部分もありました。
ありがとうございます。


Commented by さやか at 2013-03-18 17:54 x
私は音楽に詳しくなく、技術的なことはさっぱりなのですが、田窪さんのピアノには心惹かれます。
ファンにとっては手応えを感じて楽しく弾いてくださるのは嬉しいことです♪
春到来、田窪さんの季節ですね!
Commented by Shino at 2013-03-18 22:25 x
そうですね。日々挑戦ですね。
田窪さんが人見知りしない人達と過ごしている姿は兎に角面白いですね。円人図とか
Commented by hirotakubow at 2013-03-21 01:46
>さやかさん
何よりの言葉、ありがとうございます。
書いたような手ごたえと言うのは、本当に個人的な話ですので、
聴いてもらう皆さんには、そんな事は置いといて、なんとなく楽しんでもらえるのが一番嬉しいです。
暖かくなるのは最高なんですが、花粉が本当にうっとしい季節です。

>shinoさん
円人図は全員馬鹿なので、人見知りどころか、
まともにしてるとアホらしくなってくるのです。
いつか円人図のライブへもどうぞ。
by hirotakubow | 2013-03-13 16:16 | ESSAY | Comments(11)

ライブ日程や演奏後記など、下のカテゴリから選んで、ごゆっくりチェックして下さいませ!


by hirotakubow