人生初上陸の四国!丸亀にて

さて、福岡ライブを終え、四国に行かねばなりません。

九州から一度本州に戻り、岡山から瀬戸大橋を渡ります。

マッコイが30分に一度のペースで「フェリーで行こうよ~。」と駄々をこね、
そこから見える景色などを話してはフェリーの魅力をプレゼンし、

バンマスのモンキーさんが「何言ってんの!駄目だって!」
と、いちいち全力で却下するやりとりが、計50回くらい車内で繰り返され、

そうこうしてる間にいよいよ瀬戸大橋
c0154691_11441297.jpg

実は田窪って言う少々珍しい苗字は四国のもので、
田窪の本家も四国にあり、話だけは父や祖母から聞いていました。

が、生まれてこのかた、一度も四国を訪れた事がなかったので、
いつか行きたいと願っていたのです。

海の上を飛ぶ様に走る瀬戸大橋の圧倒的な大きさと開放感!

陽の光でキラキラ輝く海面から、ポコポコと顔を出す丸っこくて小さな島々。
そのシルエットが色の濃淡を変えながら折り重なるようにして並び、
橋の向こうには四国の町並みが霞んで見えました。

それが本当に綺麗な景色で、ここに自分のルーツがあるんだという実感と相まって
とても感動的でした。

この日は丸亀市、D's clubでの演奏。
いつものように演奏も滞りなく楽しくやったのですが、

ライブ後、12時を回った18日はトランペットあきら君の誕生日だったのです。
それも30歳という大きな節目!!

マッコイの指揮のもと、時報に合わせてお客さんにクラッカーを鳴らしてもらい、
バースデーソングをジャンジャカ演奏してお祝いしました。

マスターがシャンパンを振舞ってくれました。
僕は酒が飲めないので舐めただけ。
c0154691_12164461.jpg


協力してくれたお客さんと(写真がなかったのでマッコイのブログから拝借)
c0154691_12222719.jpg


ライブ後、お祝いの席でのあきら君。
「30代の抱負は?」と尋ねたところ
「俺、そういうの特に無いんすよね~。」との答えが。自然体過ぎる(笑)。
c0154691_12441418.jpg


一夜あけ、丸亀市のうどん。コシがあっておいしい。
おでんはセルフで、会計は自己申告制。
いつも僕が愛用してる「丸亀製麵」は神戸の会社が丸亀の名前を借りてるだけで、
何も関係ない、と地元の人。少し残念。
c0154691_12363052.jpg

Commented by さやか at 2013-07-22 07:34 x
ルーツがある四国初上陸、おめでとうございます。
丸亀製麺って神戸の会社なんですね、知りませんでした。本場の味だと思っていたので少し残念です。
本場は天ぷらじゃなくおでんなんですね?
いつか私も本物の丸亀うどんを食べに四国行きたくなりました。
Commented by hirotakubow at 2013-07-24 20:38
>さやかさん
ね、残念ですよね。でも丸亀製麺はおいしいから
これからも利用しようと思います。
本場、もちろん天ぷらもメニューにありましたよ。
おでんだけ、別にコーナーがある感じです。
by hirotakubow | 2013-07-20 12:39 | ESSAY | Comments(2)

ライブ日程や演奏後記など、下のカテゴリから選んで、ごゆっくりチェックして下さいませ!


by hirotakubow