松山から山口へ

松山では、たまたま会場から道後温泉が近かったので、
メンバーで入りにいきました。

↓建物が趣きがあります。
c0154691_1104261.jpg

とはいえ、僕はぶっちゃけ、みんなが温泉温泉と騒ぐほど
湯船に浸かる事に心が踊らないので、

建物を見たらほぼ満足でした。
建物の中の温泉は、割と普通の公衆浴場と言った感じでした。
そんな事言ったら怒られちゃうかな。

次の日は山口です。こちらの移動はまたハードですが、
マッコイが調べたところ、フェリーを利用したほうが移動距離も少なく、
おまけにキャンペーン中で安いことがわかり、
このツアー2度目のフェリーです。

↓瀬戸内海は、たくさんの小さな島がポコポコ浮かんでいて可愛いです。
もっとすっきり晴れていたらもっと綺麗な景色だったでしょう。
c0154691_140455.jpg


↓フェリーが橋の下をくぐる名場面。大きな建造物恐怖症のセージさんが
「橋はいいけど土台が気持ち悪い」とビクビクしていました。理解できん(笑)。
c0154691_143317.jpg


この日は山口市のポルシェでのライブでした。
TPのあきら君は別の現場へ出発してしまったので
フロントはセージさん1人のカルテット。そこに稲葉てるみさんを迎えてのライブ。

楽しいライブには違いなかったのですが、
あきら君がいないと結構違和感があるもので、
普段もの静かなのに、あきら君の存在感を実感しましたね。

最近太ってきたと公言しているだけあって、貫禄があるのかもしれません(笑)。

さて、この日ライブを終えた後、おなかが減ったので、
ひとりで「なか卯」に入り、きつねうどんを食べました。

さんざんあちこちで、ご当地の美味しいものを食べてるのに、
なか卯のきつねうどんが妙に美味しく
自分の味覚のレベルでは、これで十分なんだな、、と

幸せなような、せつないような、そういう気分になりました。
by hirotakubow | 2014-03-25 01:28 | ESSAY | Comments(0)

ライブ日程や演奏後記など、下のカテゴリから選んで、ごゆっくりチェックして下さいませ!


by hirotakubow