生まれて初めて電車の中で演奏しました。

宮崎に行って帰ってきました。

スケジュールを見て気になった方もいたんじゃないかな、と思いますが、
電車の中で演奏してきたのです!

テレビ宮崎が主催するJAZZ TRAINという催しで、
読んで字の如く、走る電車の中でジャズの生演奏を聴くイベントでした。
なんて素敵なイベントでしょう。

↓こんな電車です。観光特急「海幸山幸」。
c0154691_23435082.jpg


↓側面は木目調で可愛いです。
c0154691_2346455.jpg


↓セッティング中。電車の中なので狭いですが、限られたスペースで演奏します。
僕はピアノ椅子ではなくて、電車のシートに直接座って弾きます。
c0154691_23484393.jpg


↓客席。こっち側にも座りたい!聴くのだってとても楽しいと思います。
c0154691_23524923.jpg


さて、こうして、生まれて初めて電車の中で演奏してみたのですが、
気分は最高ですね。楽しい!

のどかな風景が続き、時折海なんか見えたりして、
そんな景色を観ながら鍵盤を触っているだけで、なんとも言えずウキウキしました。

当然の事ですが、電車っていうのはすごく揺れますな。
立ってるときはつり革につかまってないといけないくらいの乗り物ですから、
ぐらぐらっと揺れると、サックスを吹いてる川嶋さんもよろめくし、

僕にいたっては、ピアノは床に固定されてるのに、体はグラグラ揺れるものですから、
グラっとくると、指があらぬ鍵盤に着地して変な音を出してしまったりして、
そんな事も面白かったです。

僕は10ヶ月ほど、船の中で演奏していた経験がありますが、
大きな船の揺れ方っていうのは電車とは違って
ゆっくり大きく揺れるので、演奏にそれほど支障はないんですね。
(まぁそれでも天気が荒れると、エレベーターが1階から3階の間を
延々と上下で往復してるような揺れ方になるので
ゲロゲロに気分が悪くなり、そういう点でかなり演奏に支障をきたします(笑)。)

話がずれましたが、何にしろピアノを弾くシチュエーションがあるだけで、
いつもは気にしない電車の揺れというのも本当に新鮮に感じました。

さて、僕らの乗る電車は、宮崎発10:06発で、 延岡11:52着と言った具合に
当然電車ですから、スケジュールが分刻みで、かなりタイトです。

2両編成のこの電車は、もう一つの車両にも別のバンド
「薗田憲一とデキシーキングス」 が乗っているので、

お客さんは宮崎から延岡に行くまでの間、途中の駅で車両を乗り換えて、
きっちり時間を区切りながら、二つのバンドを聴けるのです。最高ですな。

終点の延岡に着くと、食事タイムです。
いちど電車を降りて、少しタクシーに乗り

なんと宮崎牛のヒレステーキを振舞っていただきました。
これがバチ当たりそうなくらい美味しかったのです。

↓それがコチラ。もう脳が溶けるほどの美味しさ。皆さんすいません!
しかしやはり電車の時間がタイトなので、
「これを20分で食べてください!」との指令が(笑)。
宮崎牛のヒレステーキを、吉野家の牛丼ばりに超速攻でがっつく。
これはある意味、究極の贅沢なのか、、、。
c0154691_024321.jpg


こんな風にして、今度は延岡でお客さんを入れ替え、
宮崎へ帰りながら、もう2セット演奏してきました。

しかしこれは本当にいいイベントでしたね。
今の時代はネットで音楽も映像も簡単に手に入るし、
楽しい娯楽もたくさん溢れています。

そういう意味ではわざわざ「音楽を聴く」っていう文化に
価値を見出しにくい時代になってるのかもしれませんが

こんな時代に、わざわざ手間をかけて、電車に生演奏を用意して、
お客さんも、わざわざ音楽を聴くためだけに電車に乗り、
揺られながら、いい景色を観ながら聴く、なんて
本当に素敵で最高に贅沢な事です。

音楽って言うのはやはり、このくらい楽しくてウキウキするもので
生活に彩りを与えるものだなぁと、そんな風に思えました。

このイベントに参加できた事に感謝です。
皆様、ありがとうございました。

<おまけ>
宮崎は半端なく蒸し暑かったです。たまたまかしら?
でも道沿いに生えてるヤシの木が何も違和感ないくらいの暑さでした。
空が青いですね。
c0154691_0452178.jpg



おしまい。
Commented by 土屋悦子 at 2014-07-15 22:11 x
お帰りなさい。JAZZ TRAIN気になってました!
素敵ですねぇ~ 本当に贅沢☆
楽器備え付けの電車がフツーにあったら、楽しいでしょうね。(((^_^;)♪
Commented by yuka☆ at 2014-07-15 23:28 x
お疲れ様でした!楽しそう♪ワクワクしながら
ブログ読ませてもらいました!
素敵なイベント良かったですね!贅沢だ…
そして、ステーキ ダッシュで食べたんですね(笑)
京都は祇園祭 真最中なり
Commented by 英恵 at 2014-07-16 22:20 x
JAZZ TRAIN 素敵ですね♪

一つ前のブログの九州脱出できないかもをのんきに笑って読んでいたら,みごとに自分がそれにあたっちゃいました
台風やないんですが,日曜日の晩,霧で搭乗予定の飛行機が到着せずで,まさかの欠航
こんなん,自分に起きると思ってなかったんで,笑うしかないですね

せっかくなら,JAZZ TRAIN 聴きに行かれへんかと調べたら,抽選終了で残念でした

非日常な場所での演奏,ぜひまたお願いします
Commented by Shino at 2014-07-17 01:04 x
電車で音楽…
普段は大きな音はおひかえくださいな場所で、気兼ねなく聴けるわけですよね…なんて解放感‼︎
景色を楽しみ、揺れを楽しみ、旅を楽しみ…
すんばらしい企画ですね。。。
想像しただけでワクワク。しかもお客様を入れ替えちゃったりして…しかも、田窪さんの演奏……おっしゃれ〜‼︎
企画した方にお会いしてみたいなぁ〜
素敵な方でしょうね。
行きたくなりますね!素晴らしい‼︎
Commented by hirotakubow at 2014-07-17 16:35
>土屋悦子さん
ただいま帰りました。楽器備え付けの電車、いいですね。東京じゃ無理でしょうけど、そんな電車がどこかにあっても、いいものです。

>yukaさん
はい、楽しいイベントでしたよ。ステーキはダッシュでしたが、美味しいものはダッシュでも美味しいものです。祇園祭お楽しみください。

>英恵さん
それは大変でしたね。夜飛ばない事になったらその日は泊まりになっちゃいましたかね。
Jazz trainは3000名の応募があったって話ですよ。人気の企画のようですね。

>shinoさん
そうですね。普段は電話してるだけで嫌な顔されちゃう空間ですからね。
社長さんはとてもジャズが好きな方で、
以前もクルーズの企画をされたとのことで、
陸、海ときたら今度は空ってことで、飛行機の中での演奏を考えてるようです。
さすがに厳しいような気も来ますが、そういう大きな発想を持つ方のようですね。




Commented by Shino at 2014-07-17 22:00 x
飛行機私も思いました(笑)
先日セキュリティチェック後の、普段は静か〜な空間でミュージシャンがギターで弾き語りしてました!
それが良くて…皆で拍手喝采‼︎
飛行機実現はできそうだけど…
課題が沢山ありそうですね!
Commented by 英恵 at 2014-07-17 23:28 x
人気なのわかります
動ける範囲であったら,うちも聴きにいってみたいですもん

おとなしくお泊りしましたよ
夜からやと,新幹線に変更しても地元までたどり着けないので
一瞬,夜行バスも考えましたが
仕事の段取りついたし,次の日中にぜったいうちやないと!という内容も抱えてなかったんで
そこまでして帰らんでもいいかと,友だちの家に転がり込みました

段取りつくと,だんだん笑えてくるんですよねぇ
Commented by hirotakubow at 2014-07-24 23:30
>Shinoさん
弾き語りですか、拍手喝采でよかったです。僕は案外静かな所では静かにしていたいタイプかもしれません(笑)。
飛行機は手荷物の位置だってうるさく言われるくらいだから、大変でしょうね。

>英恵さん
お泊りお疲れ様でした。お友達の家の都合がついてよかったですね。
腹をくくると気持ちが落ち着く感じ、わかります。
でも大変でしたね。
Commented by Niyo at 2016-05-28 20:24 x
楽しさが伝わってきました。今年のジャズトレイン申し込もうとしたけどもう一杯で申込不可でした。隣にあったところをクリックしたのですが大正解でした。ちょっと気分だけ味わいました。ステーキも味わいたいところですが…。ミュージシャンって楽しそうに見えるので羨ましいのにもっと羨ましくなりました。そのうちペンション始めたらお泊まりください。
Commented by hirotakubow at 2016-05-30 13:17
>Niyoさん
そうですか、今年は残念でしたね。
また機会があったら申し込んで下さい。
このブログで少し気分を味わえたならよかったです。本当に楽しかったので僕もまた参加したいものです。

ペンション頑張ってくださいね。
by hirotakubow | 2014-07-15 00:53 | ESSAY | Comments(10)

ライブ日程や演奏後記など、下のカテゴリから選んで、ごゆっくりチェックして下さいませ!


by hirotakubow