演奏と絵画で同時にライブしました。

先日は前橋にある、まーやの家というお店で
演奏をしました。

ベースのマッコイ(金森もとい)と僕のデュオと言う編成でしたが

これも印象に残るライブでした。

そもそもは僕のCDのジャケットの絵を描いてくれた田島志乃さんが、

絵の展示会をするにあたり、演奏を絡めたオープニングの様な趣旨で、ライブを企画してくれたのですが

演奏してる横で、志乃さんがライブペインティング、
つまりその場で絵を描いて見せてくれる事になり

面白いコラボライブとなりました。

僕らが演奏している間、
畳3枚分あろうかと言う大きなキャンバス(かな?)に、豪快に絵の具を乗せていきます。

1曲終えるとアウトラインが見え
2曲終えると1色加わり
3曲終えると線と色が飛び交い

とても迫力のあるステージでした。

↓仕上がった絵がこちら。迫力があり綺麗です。右には額に入ったCDのジャケットの絵の現物もあります。
c0154691_17340256.jpg

よく考えてみると、絵もじっくり描くにしろ、ササッと短時間に描くにしろ
音楽と同じでかなり即興性のあるものですね。

ジャズの演奏はもちろん即興性が強い音楽で
内容に楽譜がないので、作る過程をライブでお見せして、
基本的には、演奏を終えたら形が残らないので
その場限りの物と言う性質が際立ちます。

絵も普段は出来上がった作品だけを見ているわけですが、

きっと作る過程では
その時乗せたい色がイメージの中で見えた瞬間や、
その時描いた線が「決まった」瞬間に喜びを感じたりするのだろうと

絵を描かないながら想像できます。

音楽も絵も、同じ様に
その時の物なのです。

以前、俳句と演奏した模様を書きましたが
今回も作品が残るものにも関わらず

描く過程を全て公開して、
その時の感性に頼り、一筆一筆覚悟を決めて描いた

志乃さんのチャレンジ精神に拍手です。

今日の演奏は今日の演奏
明日の演奏は明日の演奏

普段から今日の感性で取り組んでいないと
今日の演奏はできないものです。

これは音楽でも絵でももちろん
生活全てに言えることなんだと思います。
今日の積み重ねが人生ですから
今日を一生懸命生きるこが大切ですね。

と、言いつつ
僕も色んな事をよく先延ばしにしてしまうんだよなあ。

良くない!(笑)












Commented by ☆けいこ☆ at 2017-07-04 23:30 x
おー、すごいですねー!
かっこいいですねー!
音楽とライブペインティング見に行きたかったー( ;∀;)
少しずつ絵が出来ていくのは楽しいでしょうねー!
Commented by ユカ☆ at 2017-07-06 10:05 x
志乃さんスゴい素敵❤️パワー感じます。田窪センセもピアノ弾くの楽しかったでしょうね✨良かったですネ(^-^)
Commented by hirotakubow at 2017-07-11 16:47
>☆けいこ☆ちゃん
俺は演奏してて過程は見えなかったですが、お客さんは目から耳からライブを楽しんでました!

>ユカ☆さん
そうですね、やっぱり絵のパワーは凄いですね。
会場全体が色鮮やかになった気がします!
by hirotakubow | 2017-07-04 17:20 | ESSAY | Comments(3)

ライブ日程や演奏後記など、下のカテゴリから選んで、ごゆっくりチェックして下さいませ!


by hirotakubow