ご無沙汰してます。ホテルで缶詰めです。

皆様、ご無沙汰してしまいすみません!

ブログを更新しよう更新しようと思いながら、毎日の事に追われてしまっていました。

スケジュールの事以外で記事を書いたのは、ライブ中止のお知らせと、
その前は、、アシダカグモの話すね(笑)。
窓から追いやって逃がした、と報告したキリでした。それが7月の末の話ですね。

その後、東京でライブをやっていましたが、
8月の末から菅原高志さんと宮坂俊行くんで結成したclassicoのツアーに九州に行き、帰ったらそのままマッコイのレコ発ツアーが始まり、円人図の初ツアーを終え、そして今ビブラフォンの大井貴司さんのツアーで姫路にいるのです。ここ1ヶ月、あまり家に帰っていません。12月発売予定のアルバムの制作も並行して進めているので、ずいぶんバタバタしてしまっているのです。

さて、今日はたつの市でライブの予定だったのですが、
台風が直撃してしまい中止になってしまったのです。
僕自身残念ですし、楽しみに待ってくださった方たちにも申し訳ない気持ちなのですが、安全には変えられません。

そういうわけで、今日の台風に備えて、
昨日ライブを終えた後は夜のうちに愛知県から姫路まで移動してしまいました。マッコイのツアーの時にも大阪で台風の直撃にあい、やはり夜を徹して移動しましたが、今年は西日本の集中豪雨などもあったり、ほんとどうにかしてます。

朝、ホテルで目覚めてから、
どうせ天気も悪くて外にも出られないので朝から晩までホテルに缶詰めを決め込みました。
ライブがなくなった事は非常に残念ですが、
朝から晩まですべて自分が使える時間というのは久しぶりで、
のんびりしながら、片づけなければいけない仕事などしていました。
おかげでだいぶ進みました。

ずーっと椅子に座っているので、少し肩が凝り、
おしりも疲れました。痔にならなければよいですが(笑)。

さて、話は変わりますが、
前回窓から逃がしたアシダカグモに関しては、話の続きがあるんですよ。

家に迷い込んだアシダカグモを窓から逃がして安心していた所、
なんと1週間後くらいに家に帰ってきたんですよ、クモが!
もちろんちっとも嬉しくないですけどね。
招かれざる客とはこの事ですよ。またしても「うわぁー!」と叫びました。
どうやら網戸に隙間があったみたいなのです。

しかもその後、最後に姿を見たのが寝室となっている和室だったので、
毎日寝るときに落ち着かない日々でした。

ある日エアコンに何かぶら下がってるのを見つけましてね。
クモの形をしたものなのですが、動かない。
なんとアシダカグモが家で脱皮したみたいで、
その抜け殻を残していったのですよ。
確実に成長してるじゃねぇかとすっかり怯えたものです。

一方で、これから長い事同居してる間にこっちも慣れてくるかなと考え、
どうせなら8年くらい生きて、巷で言われてるようにCDサイズまで成長した姿を見てみようかなどという考えも頭をかすめたのですが、

間もなく、どうやら飼っている猫に殺されてしまったっぽい事が判明しました。
クモが来る前からあまりうちでゴキブリを見かけなかったのは、案外猫が退治してくれていたのかもしれません。
というわけで、一度出て行ってせっかく帰ってきたアシダカグモですが、
短い同居でした。南無阿弥陀仏。

さて、どうでもいい話をしたところで、台風も過ぎて風と雨も落ち着いてるようです。
無意味にコンビニでも行ってきますよ。

皆様、おやすみなさい。




Commented by no more typhoon at 2018-10-06 15:37 x
田窪さん
待ってました!久しぶりのエッセイを楽しく読ませてもらいました。
これだけツアーがあると、エッセイの更新も中々できませんね。まだまだ西日本ツアーが続きます。さよなら台風で完奏されますように。
アシダカグモのその後、そうだったのか!です。庭に逃げ出してもまた舞い戻ってきたのですね。蜘蛛でも家の中が良いのかな!最後は猫に餌食に・・・哀れですね。
東京に戻られたら聴きに行かせてください。”見つめる”が好きです!お身体に気を付けて、これから益々のご活躍を!
Commented by hirotakubow at 2018-10-12 01:31
>no more typhoonさん

応援ありがとうございます。この時期のツアーも台風や雨に打たれながらようやく全て終わりました。

クモはせっかく戻ってきたのにちょっとかわいそうですが、仕方ないですね。

東京でのライブ、ぜひぜひお越しくださいませ。
お待ちしております!
by hirotakubow | 2018-09-30 23:39 | ESSAY | Comments(2)

ライブ日程や演奏後記など、下のカテゴリから選んで、ごゆっくりチェックして下さいませ!


by hirotakubow