小火騒ぎ

奥さん奥さん、ちょっと聞いてくださいよ。

いやぁー、明けましておめでとうございますと言えて本当によかったんですけどね、実を言うと去年の年末、まさに一年を締め括ろうというタイミングで、いきなり自宅が燃えそうになったですよ。ちょっと何笑ってんですか、リアルに危なかったんですから。

風呂から上がると、なんとなく焦げ臭い気がしたんですが、隣のお宅で魚でも焼いてんのかな、くらいに思って大して気にしなかったんですが、

しかし妙に煙の臭いに臨場感あるなと思い(笑)、一応「台所のガスついてないよな?」「ストーブ消えてるよな?」と確認して、安心したのも束の間、やっぱり明らかに部屋の中に白い煙が見えてきて、さすがに少し焦ってきたんですよ。

ウロウロしながら、何となくトイレのドアを開けたら、

うぉぉぉ!!煙で真っ白じゃねぇか!
おいおいおいおい!

トイレの中の洗面台、そこに置いてある電動歯ブラシのアダプターだかコンセントからめちゃくちゃ煙が出てきているのが見え、半ばパニックになりながらコードの部分を持ってなんとか抜き、119番通報しました。

自宅前の狭い道に消防車が3台来て、消防士も20人くらい来る騒ぎに、、。

幸い放水する事もなくて、火も出たのか出てないのかわかりませんが、無事鎮火(?)が確認されたという事で、事なきを得ました。

検証の為、原因となった電動歯ブラシは鑑定に回される事になり、没収されました。

改めてそのアダプターを見るとドロドロに溶けてすっかり形が変わり、ただのプラスチックの塊になっていました。

そしてコンセントの内部の配線も、広い範囲で焦げていて、本当に危機一髪だったという事でした。もう少し発見が遅れたら、一棟燃えてしまう可能性もある状況だったと言われました。恐ろしすぎる。

しかし不可解なのは出火原因です。

消防士さんも首をかしげていたんですが、コンセントに溜まったホコリでショートして火が出る、いわゆるトラッキング火災ではないし、アダプターが突然燃え始めたようだけど、コンセントが原因なのかイマイチはっきりしないのだそうです。

しかし前触れもなく突然アダプターが燃えるなんて思いもよらないし、こんなもの誰だってコンセントに差しっぱなしにしてるでしょ?

とにかく不幸中の幸いだったのは、気付ける時間帯だった事!

もし留守中や寝てる時間だったら、、、。考えただけでも恐ろしい!

そんなわけで、ちょっと古そうな延長コードとかは全て処分して、

新年を迎えて、まず火災報知機を充実させましたよ。これでひとまず安心のスタートです。料理の火加減間違えたら、火事だ火事だと機械に騒がれるかもしれないけど、火事になるよりはマシです(笑)。

いやー、こんな日記、死ぬほど面白くないと思うんですけど、皆さんも気をつけてくださいね。






Commented by y at 2020-01-12 10:55 x
大変な目に会われましたね。ともかくご無事でよかったです。
田窪さんがおケガとかされたら、私たちは何を聴いたらいいのでしょう(T_T)
貴重な体験談をありがとうございました。何もご参考になるような情報がないのにコメントしてすみません(._.)
Commented by まる at 2020-01-17 10:39 x
田窪さん、こんにちは~。
昨年は所沢でソロピアノを聴かせていただきました。

年明け早々、、、
煙りが充満して恐い思いをしましたね。煙の臭いは残るので、結構大変かと思います。
先日、私もレンジが発煙して、大騒ぎしました…原因は干し芋の加熱です。突然台所の煙感知器が作動して『火事です!(警戒音)』と連呼していたので、コンセントを抜いてレンジの扉を開くと、もの凄く煙が出て焦りました…幸い発火はしていませんが、大好きな干し芋が炭に…。
原因はワット数が高かったからです。
家電は何が発煙発火するかわかりませんね。私も気を付けたいと思います。
Commented by hirotakubow at 2020-01-17 10:48
>yさん
本当に無事でよかったですよ。予測のできない事でしたから、ただただタイミングが良かったというだけで助かりました。
演奏を聴いてくださる人がいるんですから、怪我にも病気にも気を付けます!!

>まるさん
ticoticoにお越しくださったんですね。ありがとうございます!

その後、確かに変な臭いがしばらく残りました。家電が原因の出火の報告一覧を見てみると、本当にすべての家電が原因になり得るようで、怖がり出したらキリがないですね。
最低限の予防をするしかなさそうです。
by hirotakubow | 2020-01-09 22:22 | ESSAY | Comments(3)

ライブ日程や演奏後記など、下のカテゴリから選んで、ごゆっくりチェックして下さいませ!


by hirotakubow